賃貸借契約における賃貸人の義務

賃貸借契約を行うにあたって、賃貸人にはさまざまな義務が発生します。

まず、賃借人が契約の目的となる物を利用するための義務が賃貸人へと発生します。

目的物の使用や収益において、修繕が必要な場合は修繕義務が発生します。

目的物の修繕行為を賃貸人が行う場合は、賃借人が反対したとしても、修繕する権利があります。

目的物の原状を維持、あるいは回復する必要がある場合、それに伴い発生する費用を必要費といいますが、賃借人が必要費を支出した場合では、賃借人はただちに全額の償還を賃貸人に対して請求することが、民法第608条第1項により可能となっています。
また、目的物の一部が壊れてしまった場合、賃借人は使用が不可能となった部分の割合に応じて、賃貸人に対して賃料の減額を請求することが可能であり、残った部分のみでは目的が達成されないと判断した場合は、契約の解除を行うことが可能となっています。
目的物の価値を高めるための費用を有益費といいますが、賃借人が有益費を支出した際には、賃貸人は契約満了時に、目的物の価格の増加が残存した分を、詩チュスした費用または増額分のどちらかを選択して支払う義務を負います。
賃借人が有益費の償還を請求した場合は、裁判所は相当の期限を許与することが可能となります。土地や建物の契約に関する義務関係は、借地借家法で規定されています。


またオーナーのみならず、賃借人の側にも多くの義務・権利が発生します。

http://smany.jp/tag/581
http://allabout.co.jp/gm/gc/424273/
http://matome.naver.jp/topic/1LxsS

名古屋の分譲賃貸を検索してみてください。

名古屋の土地に関する有益な情報をご紹介いたします。

仲介手数料無料の情報を集めました。

安心安全の名古屋の土地に関する詳細です。

高松の戸建て情報選びはインターネットで行う時代です。